読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

電車で隣にいる人が読んでいる本が気になる。

バイトを始めて、

電車に乗ることも多くなりました。

 

電車に乗っているとき、

僕は

①本を読む

②窓から外を見る

③寝る

 

だいたいこの3つのどれかをしています。

 

この3つは、電車との相性が非常にいいのです。

 

今日は朝は③をやり、

帰りは①で電車の時間を過ごしました。

 

 

帰りの電車は、

けっこうぎゅうぎゅうで

運よく座席前に立つことができて

そこで本を読んでいたのですが

僕の他にも、本を読んでいる人がいました。

僕の目の前に座っている人、

そしてその左に座っている人、

僕の左隣に立っている人。

 

 

f:id:namamonokemono:20140807234845p:plain

こんなに周りに本を読む人が集まることは珍しかったです。

 

こういう時って、

周りの人がどんな本を読んでいるんだろうって

少し気になったりします。

 

へー、こんな本読むんだーと

その人のパッと見のイメージよりも良い印象をもつことができるからです。

 

読んでいる本をチラ見して、

その人に対して悪いイメージをもつことはほとんどありません。

 

 

でも、その「周囲にいる人の本をチラ見する」という行為、

気を付けなければいけないな、と思いました。

 

 

僕の目の前に座っていた人は本を読んでいたのですが

(妖精系の本を読んでいたので妖精さんとしましょう。)

その人から見て左に座っていた人、

このひとはゲームをしていたのですが、

ずーっとゲームそっちのけで

妖精さんの本を凝視していたのです。

 

妖精さんも、さすがに気付いて

ゲームさんを見返したりもしていたのですが

ゲームさんはさほど気にせずに

目をそらしてゲームを再開したかと思えば

また妖精さんの本を凝視。

 

妖精さんはついに、

本を鞄の中にしまってしまいました。

 

目の前に立ち

本の隙間から

二人の様子を見ていたのですが

すこし感じが悪かったです。

妖精さんは、嫌な思いをして電車を降りることになってしまった。

一日疲れて家に帰る途中で、嫌な思いをしてしまった。

妖精さんの一日は、マイナスな気分で終わってしまうかもしれない。

 

* 

 

僕も気を付けなければいけない。

知らぬうちに、凝視してしまっているかもしれない。

 

 常に、客観的に自分を見ることが重要。

たとえ、本のチラ見でも。

 

こういう些細なことができないと、

全て主観でモノを考える人間になってしまうのかもと思いました。

 

ではまた。