読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

多くの視線を浴びることの快感。

こんばんは

 

f:id:namamonokemono:20141015000057j:plain

 

サッカー見ていたんですけど

ブラジル強いですね。

 

会場はシンガポール

芝生の状態があまりよくないのかなと見受けられましたが

5万人ほどのスタンドが満員になっていました。

 

5万人が集まると、圧巻ですね。

途中ウェーブをしている様子が映し出されたのですが

美しさを感じました。

 

その夥しい視線を受けてプレーできる代表選手は

なにものにも代え難いものがあるのでしょう。

 

 

僕はいつ、たくさんの視線をうけたかなーと振り返ってみると、、

 

・・・ない。

 

 

まあ、当たり前です。

自発的に人前に出ることなど考えられないシャイボーイなのですから。

 

せいぜい

学生時代に、

部活の大会で表彰状を受けるために壇上に上がったくらい。

 

 

そのときのことを思い返してみると

大会の場所で賞状もらうときはまだいいのですが

休みが明けた月曜に、学校内の全校朝礼などの際に授与式とか設けられて

興味もない全校生徒の前で壇上に上がるのは、とても嫌だった記憶があります。

 

 

 

ただ、一旦壇上に上がってしまうと、気分は変わっていた。

シャイ野郎の僕なはずなのに、

ステージに上がって、

全校生徒の視線を集め、

ぼくも無数の生徒たちの頭をぼんやりと眺め返したとき、

緊張は、高揚感に変わっていた。

 

 

「こういうのも悪くないな」と思った。

 

 

 

しかし朝礼も終わり、

壇上から降り、

雑踏に紛れ、いつもの生活が始まると

いつものシャイボーイに戻っていた。

 

 

そして、いまでもシャイボーイなのだけれど、

あの学生時代の朝礼の時に体験した、たかが数百人の視線が、

感じた高揚感が、いまでも記憶に残っている。

一種の快感として。

 

 

シャイかそうでないかに関わらず

多くの人の注目を集めるということ自体は

本能的に、人の快感ポイントなのかもしれない。

 

ではまた。