読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

お歳暮といったら、天然水・・・!?

こんばんは

 

僕の部屋のカレンダーは2か月1ページなので

もう薄くて、風にすぐペラペラしてしまっています。

 

そう、11月に入りました。

今年も残り、カレンダー1ページ分。

 


お歳暮商戦スタート、消費の二極化に対応 都内の百貨店:朝日新聞デジタル

 

お歳暮商戦も始まりました。

僕の父は、毎年カタログを家に持ち帰ってきます。

何でもいいから頼むように会社から言われているらしく

かといって人様に贈るとめんどくさくなるので

しかたなく自分名義あてに商品を買うという「セルフ歳暮」をしています。

 

 

僕は毎年カタログをみるのが楽しみなのですが

僕(我が家)の金銭感覚からいうと、お高めの商品しかない。

みんなの家は金持ちだなあと感じる瞬間であります。

 

一応「これ買おうよ!」と言わんばかりに

霜降り肉すき焼きセットとか、ハーゲンダッツ詰め合わせとかに

蛍光ペンで〇をつけたりドックイヤーしたこともあるのですが

結局父が注文するのは

 

水です。

 

 

理由:一番安いから。

 

 

ただ、安いと言っても

スーパーで買うより割高なわけで。

 

しばらくして家に届く

父から父宛の天然水ペットボトルを見て

 

なんだこの不毛な経済活動は、と思わずにはいられません。

 

 

「お歳暮」と聞いて純粋にウキウキできるのは、ごく一部の人のような気がします。

 

まあ、「お歳暮」と聞いて天然水が思い浮かぶのも、ごくごく一部でしょうが。

 

 

ではまた。