読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

「風邪をひく」とは、擬似加齢体験である。

こんばんは

 

f:id:namamonokemono:20141105234407j:plain

 

30分で人は風邪をひけるかもしれないと昨日は書いたけれど、

30分で人は風邪を治せない。

僕は30時間でも無理だった。

 

そんなわけで

今日は箱ティシュを鞄の中に入れて家を出た。

鼻をかむ回数は減ってきたが、

駅前で配っているポケットティッシュじゃ質が悪くて

すぐ鼻の下がヒリヒリしてくるからダメだ。

駅前のポケットティシュは、

何かこぼしたときにちょいと拭くくらいの用途にしか使えない。

 

 

風邪をひく、というのは

擬似加齢体験なのだとつくづく思う。

 

電車内ではすぐ座りたくなってしまうし

階段を上がっただけでポーッとしてくるし

脂っこいものが食べたくなくなるし

パソコンを見ていても、いつも以上に目がショボショボしてくるし

早く寝たくなる。

 

 

全部高齢者と一緒。

こんな毎日、おじいちゃんおばあちゃんは大変だ。

 

身体を生かすために、毎日生きているような、矛盾した感覚。

そういう感覚を日々背負っている高齢者が、

死を近くに感じるのも当然のことなのかもしれない。

 

 

ネギたっぷり食べたから

明日にはきっと若返るんだ。

 

 

ではまた。