読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

あなたの耳、動きますか?―耳の声―

こんばんは

 

f:id:namamonokemono:20141108235731j:plain

 

今日は特技がひとつ増えた。

なんだかわかりませんが、耳を動かせるようになったのです。

なったというか、多分できることに気づいただけなのでしょうが。

 

 

いままでは、耳を動かそうとチャレンジすることはほぼありませんでしたが

パソコン画面を見ていて、目に疲れを感じて、目をマッサージしながら顔に力を入れようとしたら、いままで意識したことないような部分に力が入って、顔の横の部分が動作した。

 

「クイックイッ」と明らかに顔の皮が反応している。

 

あれ、なんだこの感じは。

そのまま鏡に向かって見たら、

両耳が、さかんに動いていた。

 

 

おおおおおー。ええええええーっ!!ハハハハッ!

事態を把握し。驚いたのちに!!なぜか自分に爆笑!

ハマった。

それから今日はずっと耳を動かし続けていて家族に見せつけている。

リアクションはすこぶるよくないのだけど、

僕以外の家族はできないから、一応特技なのだと喜んでいる。

 


予想以上に耳を動かす特技(オードリーさん、ぜひ会って - YouTube

 

大好きなオードリーの前で披露できているのがとってもうらやましい。

僕も動画のこの子くらいは余裕で動かせる。

耳の動かし方にはパターンがあるらしく、僕は動画のアナウンサーとは違い、この子と同じ前後移動。

 

 

耳って、僕の中では顔の器官のなかでも

「意志」を持たないパーツだった。

まあ、普段動かないからなんだけど、付属物程度の認識を超えなかった。

 

でも動かせるってわかってから

一日中動かして、動いている様子を鏡で見て、手で触っていたら

いのちが宿っている気がして愛おしくなってきた。

 

このまま動かし続けていたら

いつか耳の声が聞こえる日がくるかもしれない。

 

 

 

なんて調子に乗っていたんだけど、

ネットで調べてみたら、

耳を動かせる自体はそれほど珍しくないらしく

片耳ずつ自在に動かせる強者さえごまんといるようなので

友達を集めてお披露目会をする勇気は起きず

この喜びをブログに精一杯ぶちまけるくらいしかできないけれど、

それでも耳が生きているんだと実感できてよかった。

 

ではまた。