読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

夢見るにも、お金が必要なときがあるんだね。

こんばんは

 

朝「年末ジャンボ今日まで!」って

織田信成が泣きながら言ってた。

 

宝くじを買うことなんて人生で2回目くらいだけど

お昼に売り場行ったら誰も並んでないし

「こりゃ今回は買う人が少ないのかもな、チャンスか?」

とか思って

買った。

 

一枚だけ。

 

f:id:namamonokemono:20141219231916j:plain

 

って一枚だけかよ!

 

 

売り場のおばちゃんに言われました。

「い、一枚ですか?」って。

 

 

すいません、お金がないのです。

なけなしの300円なのです。

 

買ったときは気分がよかったのですが

帰り道同じ売り場通ったら

10人くらい行列出来てて、

「うわ、やっぱ今年も買う人多いんじゃん!」

と撃沈。

 

帰宅してから

この宝くじとにらめっこしてるんですが

 

ゆきだるま「(指さしながら)こいつ1枚だけ買ってんぞ」

少年「あははは、あたるわけないよね」

少女「ムーダーヅーカーイー」

 

って声が聞こえてきます。

 

1枚じゃ夢見る時間も短い。3時間ともたない。

年末まで「あたるかもしれないムフフ」って思えるように

どうせなら5枚くらい買っとけばよかった。

 

 

でも、抽選日まで夢持って待てても

当たらなかったら

このゆきだるま少年少女の笑いも

一層、にくたらしいものになるだろうから

1枚の出資でよかったと思っておこう。

 

夢見るにも、お金が必要なときがあるんだね。

 

ではまた。