読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

今日が何日か即答できない。

こんばんは

 

元旦から一週間たちましたが

まだ2015の響きに慣れません。

 

たぶん日付を書く機会があっても

2014年って書いて、消すことになることが

もうしばらく続くだろう。

そして、慣れたころには2016年がやってきてしまう。

 

西暦年はさすがに常に正解を知っているけれど

日付は、分からないことが多い。

なにか書類に日付を記入することがあったときは、

腕時計を極力しない生活を送っていることもあって

ポケットからスマホを出すか

手帳を出すか

周りの人に聞いて、乗り越える。

なにかの情報に頼らなければ

頭の中に正解が、ないのだ。

 

同時にアンケートに記入している場面とかだと特に、

だいたいの人って、今日が何日の何曜日なのかっていうのが

把握できているみたいな感じがして

僕は日付を記入するたびに

自らの記憶力のなさ、時を乗りこなす力のなさを思い知る。

 

たぶん、僕は今日が何日かをきちんと頭に入れないで生きているから

あっという間に1日が過ぎ、1カ月が過ぎ、1年が過ぎるのだろう。

きのうと同じ時間が今日も来て、明日も来るのだろうという、

ざっくりとした連続体に浮遊している感覚で生きているから

今日という日が、ぼーっとしている。

 

毎日、たとえば「今日は8日です!」と宣言して、

今日という日に名づけをするところから活動を始めれば

1日1日の重みがまた変わってくるのかもしれない。

 

時を乗りこなす力というのは

一朝一夕に手に入れられるものではないと思うけど

まずは、スマートに今日の日付を即答できる大人になるところからはじめようと決めた。

 

ありがとう1月8日。

ではまた。