読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

みんなゴーストなんだ。 ―「ゴーストライター」1話感想―

こんばんは

 


ゴーストライター - フジテレビ

 

ゴーストライターというドラマを見た。

話は、もちろんゴーストライターもの。

 

水川あさみのロングヘアにきゅんきゅんしてたら

あっという間に1話終わった。

 

ゴーストライターなんて

さむら事件などなかったら

2時間ドラマつくるのだって大変だと思うけど

売れっ子脚本家で連ドラにできるっていうのが

さむらさんの影響力の大きさを物語っていると思う。

 

 

誰かの手柄を独り占めにする

みんなでがんばったけど代表者が「顔」となる

 

こんなことしょっちゅうで、

(さんざん騒がれたノーベル賞だってそう。)

完全に独力で功績を作り続けるなんて天才ですら無理。

 

誰もが人のために何かをしたことがあり

誰もが他人の努力を利用したことがある。

誰もが、とり憑かされたことも、とり憑かせたこともある。

 

そんな社会だから

どこまでが協力者で

どこからがゴーストライターとみなされ

人に「裏切られた」と感じさせるようになるのか

改めて考えてみると、よくわからなくなった。

 

だから来週からも見ることにする。

水川あさみの髪がどの時点で短くなるのかを第一に考えながら

「頼る、頼られる」、

いや「憑かせる、憑かされる」関係の脆さを

ついでに考えてみたい。

 

ではまた。