読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

40年後も残っている記憶ってなんだろう ―山下達郎デビュー40周年突入―

こんばんは

 

昼はラジオを聴きながら壁を見つめていた。

サンデーソングブック、今日はデビュー40周年突入記念達郎棚つか。

 

40年ってすごい。

そして、時を経ても変わらぬ曲のすばらしさが改めてすごいと思った。

 

40年ってながい。

20そこそこの僕は40年働くなんて想像もつかないんだけど

定年を迎えた人は、だいたい40年働き続けた人ということなのか。

僕も、40年働くことになるのか。(働けたらいいけど。)

これからやってくる40年の重さが直視できなくて

僕は壁を見つめるのを止め目をつむってしまった。

 

 

彼は、その曲ごとに当時の思い出を語っていた。

自分のことなら下準備も資料もせずに話せるという。

たしかにそれはそうなのだが

人間ってよく憶えているなと思う。

 

僕はまだ若いのに、いままで生きてきた時間の記憶は断片的だし

なんなら一週間前に食べた夕食も忘れているのだから

40年経ったら今の記憶がどのくらい残っているのか不安になる。

40年後も残っている記憶ってなんだろう

 

部活の大会?初恋?

怠惰な生活の実態の記憶は淘汰されていきそうな気がするけど

この1年は

このくすぶった思いは

40年後も確実に憶えていると思うし、僕の核となるだろうと

なんとなーく確信している。

 

ではまた