読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

大盛りが苦しくなった24の夏

こんばんは

 

今日の昼食はラーメン。

お昼時ラッシュはすぎたあとだった。

まばらになった店内に入り

腹が減っていたので大盛りを頼み

高校野球決勝を見ながら待つ。

 

 

なんのおどろきもない、ふつうのしょうゆらーめん。

でも、これだからいいのだ。

あぶらっぽくないし、ちぢれめんのかんしょくがいい。

 

 

10分くらい経っただろうか、

ほとんど一緒に来店した隣の男性が完食し店を出ていった。

僕のどんぶりには、まだ3分の2が残っている。

そう、僕は食べるスピードがとんでもなく遅いのだ。

でも大丈夫。

食べるスピードが遅くても食べる量は人一倍だから・・・。

 

と思っていたけれど

腹がちょっと詰まってきた。

滅多にない、この感覚。

口と食道、食道と胃の間、それぞれに半分だけ蓋がされている感じ。

どんぶりにある麺の量を箸でかき混ぜながら確認して

「すこし、おおいかもなあ」と思ってしまった。

これが、加齢というものなのでしょうか。

とんこつでも家系でもなく、ふつうのしょうゆらーめんだというのに。

 

 

最終的に食べ終わるのに、25分くらいかかっていたと思う。

僕のほかに、客は誰もいなくなっていて

店員は、水を飲みながら高校野球を見ている。

これ以上の夏の風景が、どこにあるというのだ。

 

夏の思い出が、またひとつ増えました。

 

ではまた。