読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

自動運転車は、父の見せ場を奪う。

こんばんは

 

 

渋滞情報をラジオで聞き、

みなさん出かけてますなーと思いながら

家でゴロゴロしていた本日。

 

そのラジオに寄せられたメッセージで

「ただいま渋滞に巻き込まれていますが、前の車が、車を何台も割り込みさせていてイライラします」

というものが読み上げられていた。

 

やさしさ、が誰にとってもやさしさであるわけではないよなあ。

 

 

運転には運転手それぞれ個性がある。

割り込もう、すこしでも空いているところに突っ込めーという人もいれば

まあまあゆっくりいきましょう、あ、入るなら入れてあげよう

という人もいる。

 

いろんな人がいるから

いろんな判断があるから

事故を防いだり、

事故が起きたりする。

 

しかし、この個性もいずれ死んでしまうのかもしれない。

自動運転の時代になれば

人の判断が必要とされないから、運転手の個性など出しようがない。

家族が眠る中、おとうさんががんばって渋滞を切り抜けている

なんて父の大黒柱感を出す場面は消え、

おとうさんは家と同じように車の中でもゴロゴロしている

なんてことになるかも。

 

ぼくにとって、父が運転している姿はかっこよくて

父の頼もしさを表現する晴れ舞台のような気がしているから

全自動運転車の時代に僕が父親になったら、

父としての見せ場がひとつなくなってしまう。

 

それよりもまえに、

彼女とドライブ行った時も

運転している姿でかっこよさをアピールできるのに

両手フリーの状態で菓子ぼりぼり食ってたら

なんだか、これも見せ場のひとつを失ってしまう。

 

自動運転普及するんですかね。

ね、矢沢さん。

 

ではまた。