読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

「平成の野口英世」を知らなかった僕。

こんばんは

 

ノーベル賞ウィークが今年もやってきた。

早速医学・生理学賞で「平成の野口英世」とも言われる大村教授が受賞。

「平成の野口英世」なはずなのに、知らなかった自分が恥ずかしかった。

年間3億人に役立てられているワクチンを開発された、偉大な研究者であるらしい。

結局、自分の身の回りに関係ないことは

いくら世界を救っていることであっても、たいして耳に入ってこないのだ。

そういうもんなのだろうか、この社会は。

 

 

でも、この教授を知らなかったのは僕だけではないはずだ。

メディアもいい加減じゃないか。

新聞は前日になってようやくノーベル賞の特集を組みだすし

結果が発表されればカメラが殺到して

「いったい、どういう研究なんでしょうか」

「この喜びを誰に伝えたいですか」

座右の銘はなんですか」

とか聞いちゃうんだから。

なんだか、

いままでの成果よりも

ノーベル賞をとったことの方がすごい、みたいな雰囲気なのは変。

ノーベル賞に値する研究を

いままで国民に、いや僕に周知させられなかったことを

そして予想候補すら外したことを

反省する気持ちがあってもいいと思う。

 

 

あと気になったのは

中国人女性研究者が受賞したニュースがバッサリいかれてること。

ノーベル賞側が2人目の大村教授を読み上げたところで

映像が切り替わってしまった。

差別とまではいかないけれど

これは国別対抗でもなんでもない「ノーベル賞」なのだから

3人目に読み上げられた中国人研究者に、もう少し触れてもいいんじゃないだろうか。

どうせ、その名前が読み上げられる映像の時間10秒のかわりに

専門でもないコメンテーターが「すばらしいとおもいます!(キリッ)」

っていうだけなんだからさあ。。。

 

ではまた。