読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

クイニーアマンが自然な光に照らされて

こんばんは

 

今日のお昼はパン屋でクイニーアマンを買って

公園で食べた。

外はカリカリ、中はバター多めのジュワっとした生地。

僕はドーナツにかかってるグレースとか

メロンパンの外側にふりかけてある砂糖とか

あまり好きじゃないけど

今日のははちみつ感が高めでしつこくなく、

おいしくいただけた。

 

 

1時間も日向に座っていたら

体はぽかぽか、

肌はヒリヒリしてきた。

日焼けは年中無休だ!と、

隣のベンチで寝ている上裸おじさんは黒い肌で語っている。

僕が1時間座ってクイニーアマンを食べただけでこんなに温まるのだから

おじさんは今日帰って寝ようとしても

体がほかほかすぎて眠れないのでは、と心配になった。

 

 

公園をあとにして建物の中に入ると

全体が暗く見えた。

すれちがう人の顔も、ぼやけている。

すぐに目は通常運転に切り替わったけど

それだけ、外はまぶしかったらしい。

自然な明るさっていうと

派手に明るくしないみたいな感じがするけど

今日の昼間の自然の明るさだと

目がちかちかするような明るさになる。

あの電気屋で想定している「自然の明るさ」の「自然」って

いつ、どこにいけば出会えるんだろう。

 

ではまた。