読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

未成年の主張に、「コンプライアンス」の命綱

こんばんは

 

学校へ行こうを見た。

僕は未成年の主張が大好きで、

学校へ行こう未成年の主張だった。

だから、他のコーナーの振り返りでは

強烈なキャラクターも記憶になかったし

こんなコーナーあったんだ、ってくらい。

そして東京ラブストーリーは大人になった今でも

僕には面白さが全然わからない。

 

 

最後の最後に未成年の主張2015をやった。

屋上のお立ち台にはパイプの柵が設置され、

主張をする人は安全ベルトを着用していた。

当時の安全基準が緩かったのかもしれないが、

この柵とベルトが、よくいう「コンプライアンス」を形にしたものなんだろう。

企業とかで使われる意味とは少し違う、

ナイナイ岡村がよく使うような意味での「コンプライアンス」が。

 

 

主張をする彼らは素晴らしかったけど

やっぱり柵とベルトが気になってしまって、

僕も歳をとったということなんだと実感する。

 

 

 

学校へ行こうを夢中になってみていたのは

10歳前後。

それから15年くらいたって

いつの間にか未成年ではなくなっていた。

酒も飲める。

小4のときには、中学生の主張を

「お兄さんお姉さんたち」のいうことだと思って聞いていたけど

いまは「若い、初々しい」という感情がまず飛び出してくるんだもんなあ。

 

あのころ思い描いていた20代の自分に

負けないようにせねばならぬ。

 

ではまた。