読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

女は誰だって悪女になれる? ―サイレーン最終回―

こんばんは

 

ラジオスペシャルウィーク

ドラマ最終回ウィークが重なる今週。

楽しいことづくめですが

ドラマが終わるのは、少し切ない。

 

 

火曜日の楽しみ、サイレーン。

最終回まで目が離せない展開で

あっという間の60分。

「花燃ゆ」の最終回より、100倍くらい時間の流れが速く感じられた。

こういうドラマこそ、拡大スぺシャルにすべきなのに・・。

 

松坂とおりの見事すぎる発掘技術や

突如の爆破シーンなど

少々無理あるだろーとヤジが飛び交いそうですが

ドラマだからいいのです。

キスで相手を判別するとか、

ドラマだからいいのです。

 

 

ドラマの結末は、原作とは異なっているらしい。

僕は

「ドラマは原作とは違うオリジナルの結末です!」

とか堂々と言っちゃう感じがあまり好きではないのですが

今回のドラマの脚本は

原作に喧嘩を売るくらい、相当考えて作りこまれているという印象なので

原作も読んでみようと思う。

原作通りにやろうが、オリジナルを加えようが、

結局は脚本の出来がよければ、よいのだ。

 

 

悪女が板についてきたナナオさん。

最終回まで見事な悪女っぷりでしたが

ドラマの中で一番怖かったのは

温厚で善のイメージが強い木村文乃の、カラver.の表情。

 

あの顔を見て、僕は思いました。

木村文乃だってあんな表情できてしまうのだから、

女の子は、誰だって悪女になれる素質はあるのではないか

と。

 

ん?すでに女は誰だって悪女だって?

そんなバカな。

んなわけないですよね?ね?

 

いいドラマでした。

 

ではまた。