読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

運の総量は人によって違う。

こんばんは

 

オードリーのラジオで若林が

「運の総量は人によって違う、それでも生きていかなければいけない」

と叫んでいて

僕は大笑いしながら、共感しすぎて涙が出そうになった。

 

スター性のある春日を間近で見て

自分の運のなさを思い知り、ちまちまと積み重ねていくしかないという。

そこで心折れるんじゃなくて、

ちゃんとちまちま積み重ねられて、結果を残していくところは

スター性を上回る価値があると僕は思うけど、

その「ちまちま」の原点が

春日を「ライバル」だと思っているから、というのは

冗談かもしれないが、少しびっくりした。

周りをひいて、ひいてみて、自己を超越したところから

超客観的にみて冷静に判断しているイメージだったから。

たぶん、僕が思っているよりも、カスガは並外れた強運の持ち主なのだろう。

 

 

運の総量、と聞いて

僕の運の総量はどれくらいなのだろうと考えていた。

今年は全然いいことなかったし、

淡々と生きていたから、ツいてはいなかったなあ。

いままでの人生も、とくにこれといって

自分って本当についているなあと思ったことはない。

そもそも運の使いどころが他人よりないのかもしれない。

 

いくら総量がすくなくとも、

ここ数年、いやこれまでの人生で運はたいして使っていないから

来年は、これからはツいてる出来事があればいいなー。

ま、そんなことなくても生きていくしかないのですが。

 

ではまた。