読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

相撲が相撲であるために

こんばんは

 

沖縄で雪が降るかどうか、なんて話題になっていたけど

奄美地方で雪とは、びっくりです。

グラバー邸や太宰府天満宮も雪景色のようで、ぜひ生で見たかった・・。

 

 

そんな雪のニュースを目にしながら

僕は部屋にこもって読書とテレビとラジオを同時進行。

趣味のマルチタスク

サンソンを聴いて、読書に浸ったあとは相撲鑑賞。

久しぶりにじっくりと見た。

注目はもちろん、琴奨菊

こちらでも、土俵に雪のような塩が舞っていました。

日本代表とかの試合で、放送内容や実況が日本よりになるのは分かるけど、

今回NHKが躍起になって琴奨菊を盛り立てているのは、なんだか気味悪かったなあ。

終わったあとも、日本人がー日本人がーってばかりで

僕は琴奨菊のこれまでの苦労を知りたいのに、

琴奨菊が、というより、日本人が、という枠で語られるのが残念だった。

 

相撲はあっという間に決着する。

朝やってたテニスみたいに、ラリーポイントのセット制にしたらどうなるんだろう。

レスリングや柔道みたいにできないわけでもないだろうが、

一度取り組みが終わると「土がついてしまう」というのが大きな障壁。

土がつくと、拭いようのない負けを烙印されたようなものだからなあ。

相撲が相撲であるためには、やっぱり何が何でも土ではないといけないなと思った。

 

ではまた。