読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

「還暦」の若返りがとまらない。 ―桑田佳祐、祝還暦―

こんばんは

 

今日の夜のお供「桑田佳祐やさしい夜遊び」は

桑田さんの還暦記念で生歌三昧。

 

原由子らメンバーも集って、

小さなスタジオから全国の小さな部屋部屋に歌を届けている。

聴いている僕たちの歓声は一切放送にのらないけど、

その数は、満席のスタジアムよりもきっと多い。

 

桑田佳祐が還暦になったことで、

またひとつ「還暦」のイメージが若返った。

彼に赤いちゃんちゃんこは似合わない。

僕が幼いころイメージしていた還暦は

よぼよぼで、杖をついていて、歯もなかったりする。

これだったら、赤いちゃんちゃんこも似合うような感じがするでしょ。

 

その時点から僕は確実に少しづつ60歳との距離感は近づいているから

還暦を近くに感じられるようになるのは当然かもしれない。

けれど、還暦に至るまでの時間ををともに生きていたからだろうか、

生の、(桑田さんでいえば性の?)躍動感がひしひしと伝わってくる。

老いることを幸せのスパイスと捉えられる大人を見ていると、

未来にどんな困難が待ち受けているとしても

僕もこれから先生きていくことがとても楽しみだ。

 

 

桑田さんしかり、もっと上でいうとタモリ徹子あたりを見ていると

心が若い、ということが元気な年寄への道かなと思う。

では、どうしたら心が若いままでいられるのだろう。

まだ答えなんて分かりっこないけど

この問いは大人だからこそ生まれるものじゃないかと思ったら

心拍数が3くらい上がった。

 

ではまた。