読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

議員が不祥事を起こすのは、当然のことかも。―議員の資質をきちんと見極めて投票していますか?―

相次ぐ議員の不祥事。

どういう人が当選するのかをよくよく考えてみたら、

まあ起こっても仕方のないことかなと思います。

起こるべくして起こった、という感想です。

 

 

最近、不祥事を耳にする度

議員さんって

どういうモチベーションで仕事をしているのか

疑問に思います。

 

元神奈川県議が脱法ドラッグ

捕まったニュースがありましたが、

その議員は若くしてトップ当選だったとのこと。

 

そんなにも人気を集めたということは

政治にただならぬ思いがあり有権者の心をつかんだということか?

それならばなぜ有権者を裏切るようなことを?

 

などと思いましたが実際は違ったようです。

 

その元県議は地元の名士で

たしか祖父も県議、先祖は村長だったそう。

地元の人も、あの家の方だから信用できるということで

支持した、ということでした。

 

つまり、

候補者本人を見ず、家を見て支持したということです。

 

 

そもそも、

政治家になるためには、強力な後ろ盾がないと

ほぼ不可能です。

 

政党、家柄、労働者組合・・・。

 

もとから知名度のある場合(芸能人から政治家に転身、など)

を除けば、

選挙に受かるためにはこれらが必要不可欠なのです。

 

その場合、(新人に多いですが、)候補者本人はあまり見られない。

有権者も、投票当日に「○○党だから」とか

「○○組合だから」という理由で投票している人が一定数以上いるはずです。

 

 

そういう過程を経て議員になった方は、

どういうモチベーションで政治に向き合っているのか分かりません。

 

だって、

自分でなくても

同じ後ろ盾があればだれでもその席につけるのです。

 

候補者本人の人柄とか政策が認めらて当選したというわけではないのですから。

 

当選した本人も、全部自分の資質で当選したわけではないということは

分かっていると思います。

 

 

こういう、候補者本人の資質に関わらず、

後ろ盾さえあれば当選してしまう仕組みは

なんとかならないものでしょうか。

 

だから、

資質のない議員があふれてしまうのです

使命と責任を感じない議員があふれてしまうのです

 

 

人権を貶める発言をする議員が生まれるのです

有権者の血税を平然と搾取する議員が生まれるのです

「記憶にない」を連発しても恥ずかしくない議員がたくさん生まれるのです。

 

 

おかしくない?

馴れ合い癒着があるのが政治というもの?

これが社会というもの?

 

 

社会人になって、不条理な経験をたくさんして、

社会に染まった方はそう考えて妥協するのかもしれませんが、

 

 

社会のレールから外れている人間としては、

 

こんなの絶対におかしい。

 

やっぱりどう考えてもおかしいよ。

 

間接民主制とはいうけれど、

今の議員と国民の間には、大きな溝がある。

溝、というか、断絶している。

議員は、溝を埋める努力ではなく

溝をあたかもないように隠すことだけに徹している。

 

 

本当に志のあるものが

政治の場に出て活躍したいと思える場に

しなくてはならない。

けれど、どうすればなるのか、わからない。

あまりにも根が深すぎて。

 

 

先日の怒り新党でマツコと有吉がいっていたけれど、

国会の演説中は聴いている議員側を映すということに

大賛成です。

 

笑っちゃうくらいに爆睡していたり、

長い時間(トイレなのかな?)席をはずしている議員さんたまにいますから。

 

でも、居眠りする人とか会社でもいるんだろうな。

社会って、そこまでドロドロ汚いものではないと思っているのですが、

違うのでしょうか。

こんな程度なのでしょうか。

キラキラしていないのですか。

 

こわいです。

 

 

まあ、僕はこんなことで「こわい」なんて思ってしまうから、

笑いながら「会社クソだよ。社畜~」とか言って働いている人が全然理解できなかったから

社会が完全にキラキラしてるものだと思っていたから

鉄槌をくらったのだと思います。。。

 

ではまた。