読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

スーツ「武装」して、都会を闊歩してきた―ニート、ラストラン。―

今日は久しぶりにスーツを着て外出。

 

大学の卒業式以来です。

 

(ああ、もう4か月も前になるのか、

 はやいなあ。)

 

前回スーツを着たときより、

肩書きも、人とのかかわりも、はつらつさも、

失われましたが、

 

あのときより、

いまは元気です。

 

 *

 

午後1時。出発前の自宅。

「あちースーツだりー」

と思って、

着替えるのに5分くらい躊躇しました。

やっぱ私服でいっかなー

Tシャツ短パンでいっかなー

と、一応私服のコーディネートをして床においてみたりもしたけれど、

 

結局スーツを着ました。

暑いっす。

 

就職活動してた時も思ってたのですが、

世の男たち、すごいです。

なんで、あんなの着て暑い中、颯爽と闊歩できるのだろう。

暑さ感じないのかよ。汗腺ないのかよ。

 

僕は暑がり&汗っかきなので、無理。

さすがに上着は手にもって出発。

それでも、玄関出て最寄り駅着くまでに、もう額に汗が。。

テンション下がります。

 

代謝が悪いのよねえ、と嘆くダイエット中のそこの奥さん、

代謝がよくても、いいことだらけではないのですよ。

 

そして、暑がり&汗っかき&冷房に弱い僕は

電車に乗ると、くしゃみをして震えだすのです。

もうほんと、テンション下がります。

 

 

そんなこんなで、都会の喧騒に突っ込んで行ったのですが、

なんだか今日は気分がいい。

背筋は伸びるし、歩くスピードも速い。

いつもは、人に追い抜かれることばかりなのに。

 

なぜだろう?

 

単純です。スーツ着てるからです。

僕は、単純なヤツなのです。

こんな身の上にもなって、

まだ体裁を気にする自分が存在するわけです。

僕って弱い人間だなとつくづく思います。

結局、何かに頼っている。

 

 

いつもは、

目線はまず下向きだし、とぼとぼ歩くし、

よく人にぶつかるし。

ニートになってからはますます、

この傾向が強まった。

なんかすいませんね僕みたいな者が、みたいなことも少し思いながら

歩いてた。

 

でも、今日はなんか違った。

 

おそらく、スーツを着るって、

社会を着るってことなんでしょうね。

社会を武装するというか。

 

スーツ着ると、

都会の駅の黒アリの雑踏に紛れて、埋もれて、同化して、

一生懸命働いているアリたちと同じように、

自分も社会の縄張りの中にいるんだと思わせてくれる。

 

 

女装すると、自分が女になったように感じるのと同じく、

あくまで擬似体験ですけどね、

ゼッタイにアリにはなっていないんですけどね、

だけど、

なんだか胸張っていいような気持ちになってくるのです。

 

スーツってすごいかも。

 

 

けれど、反対にこうも思ったわけです。

 

この黒アリたちから、スーツ武装を解いたら、

みんな颯爽と闊歩するだろうか、と。

 

おそらく、バリバリ働いている人は

なんとも思わないでしょうが、

マドギワ族の方達とかは、

心もとなく感じるでしょう。

武装していないありのままの自分で、「社会」を身にまとわす自信がないから。

 

スーツを着ると、気が引き締まる、

これの裏返しは

スーツを着ないと、気が引き締まらない、であり

スーツ武装しないと、社会でやっていく自信がない

なのだと捉えることも可能だと思います。

 

 

武装としてのスーツ、

これを考えたときに、

どこにいくでもスーツを着るおじいさまがたを思い出しました。

 

彼らは、社会人よりも、スーツに武装の役割を求めていると思います。

 

リタイアして、年金生活して、社会に貢献する機会が少なくなって、

でも、これまで社会に尽くしてきたことを示したくて、

社会性が失われることを恐れて

結果スーツを着るのではないでしょうか。

 

その人自身に魅力があれば、

醸し出すオーラがあれば、

武装なんてする必要ないのに。

 

 

でも、武装することによって、

リタイア後の自分に自信が持てるなら、

黒アリの一員として颯爽と丸の内を歩けるのなら、

それもありなのかなと思います。

 

まさに、格好つけているわけですから。

 

ありのままで生きていくことも、大事。

でも、

格好つけることで、はじめて自分を生き、社会を生きられる人だっている。

そういう人の方が多いんじゃないかな。

だってそんなに人間はありのままで強い存在ではないですから。

全ての人が、ありのままで、国家を雪国に変える力を持ってはいないですから。

 

ありのままで、いい。

格好つけて、いい。

 

この二つを同時に受け入れられる社会になれば、

生きやすいのかなと思います。

 

 

 

なんだか、武装って

スーツに限らず、いろいろなことに見られるような気がします。

「身分」の安心感―ニート効果① - なまもの、けものブログ

肩書きだって、そう。

 

人は、いろいろなものを武装して、社会で戦っている。

武装しないと、やっぱ戦えないのかな。

戦わないと、生きられないのかな。

 

 

 

 

というわけで、

スーツ着た結果

バイト決まりました。

ニート卒業となりそうです。

といってもアリの足元には到底及ばないので、

僕は、もうしばらく、裸一貫で戦地を這いつくばろうと思います。

 

 

ではまた。