読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまもの、けものブログ

70%ニートが、なんてことないことをかくブログです。

冷房設定温度を決める仕事

こんばんは

 

今日はいきなり晴れて、いきなり暑かった。

家の玄関を開けて外に出た途端

あまりの眩しさに目が痛くなる。

 

昨夜は眠れなくて

ベットに横たわっていたのは8時間くらいだけど

たぶん3時間くらいしか睡眠状態になかった。

だから朝も頭がぼーっとしていたのだけれど

あの輝きに、一気に目が覚めた。

太陽の力は、すごい。

人にほぼ強制的に力を出させる力が太陽にはある。

だから、毎日晴れてばっかりだと疲れてしまう。

だから、太陽みたいな人ばっかりの集団にいると疲れてしまう。

 

 

僕は夏が大好きだし、暑い日も大歓迎だ。

でも、暑いと僕の天敵があらわれる。

冷房だ。

今日も電車に乗っていたら冷房が効きすぎていて

鳥肌が立った。

僕は冷房に弱いのだ。

そして今、鼻垂らしている。

電車で僕の隣に座っていたサラリーマンは

シャツを袖まくりし、冷房で冷やされた空気を

さらに扇子で体に吹き付けていた。

あの人規準に冷房は設定されているみたいだ。

 

ああ、こんなことで風邪をひかないために

全世界の冷房設定温度を決められる権限を持てたらいいのにと

1秒だけ思ったぐずぐずの僕なのでした。

 

ではまた。